Uncategorized

30歳代後半、お腹周りが大きくなってスーツのズボンが全て入らない。。

30歳代後半になってお腹周りが大きくなってズボンがすべて履けなくなる

 

30歳代前半までは体脂肪率が1桁だったため、スリムどころかやせ過ぎであると会社の健康診断で評価されていました。

しかし30歳代後半になると、途端にお腹周りが大きくなり始めて、スーツのズボンの全て入らなくなり履けなくなってしましました。

そのため服のリフォーム店にズボンを持って行って修理してもらいましたが、それすらも1年くらいで入らない。。履けなくなる始末です。

結果としてスーツを全て購入し直して大きな出費になったので、妻からこれ以上太らないように言われてから、本格的に体型が気になるようになりました。

憧れている女性に中年太りでみっともないと言われた

お腹周りが大きくなり始めた頃は、会社の女性からやせ過ぎが改善してきて良かったと褒めてもらうことができました。
ところがそれを越え始めると、中年太りでみっともないという、正反対の誹謗中傷の言葉を受けるようになったのです。

なかでも私のことを憧れていると間接的に聞いていた女性社員から、冷たい目で見られたときは、恥ずかしくて目を合わすことが出来ませんでした。

同様に私の子供がお腹を触ってきて、太鼓のように叩いて遊び始めた時はショックでした。

甘い飴をノンカロリーの飴に変えてカロリーを控えて改善

何とかダイエットをと始めたのが、飴をノンカロリーのものに変更することです。
私の仕事は人と会話するので、相手に不快な気持ちを抱かせないように、口臭予防のためによく飴を舐めていました。

たしかに飴を舐めていると口臭予防になりますが、その数が多いのでいつの間にか摂取カロリーが高くなります。
ノンカロリーの飴に変更したところ、それまで増え続けていたお腹周りが増えなくなりました。

しかし増えないだけではなくて、本当は減らすことが目的ですので、今後はウオーキングも加えてみようかと思っています。