Uncategorized

脚が短い、太い、、下半身デブ。それが私のコンプレックス

小学生の頃から脚の太さ、短さが気になりだす

小学生の頃、バレエやスイミングに通っており露出の多い服装で他の子と並ぶことが多くありました。

幼いながらに他の子より脚が短く太いことにショックを受け、そこから体型をコンプレックスに思うようになりました。しかし当時は特にダイエットをしたりするほどではなく、ミニスカートなどは履きたくないなと思う程度でした。

中学校に上がりテニス部に入り、周りは細い子だらけの中やはり自分だけスタイルが悪く、その頃には本格的に体型をコンプレックスに思うようになっていました。

脚が太いから細い子と並ぶのが嫌

細い子と並ぶとき、直接的に私の太さを指摘する人はいなかったもののやはり相手を褒める声が多くなるととても恥ずかしい思いをしました。

集合写真では少しでも写る範囲が減る後列に回ったり、少しでも体型が隠せる服装を心がけたり選択肢の幅を狭めることで自分を守ってきました。

少しでもマシになればと筋トレをしたところ「〇〇ちゃんの脚、サッカー部みたい」と言われたときにはとても虚しい気持ちになり、細くて筋肉も程々の子が羨ましくて涙があふれました。

体重が落ちても脚は細くならない

引きこもりがちになった頃、一気に筋肉が落ちたためそれからは筋肉がつく前にほぐし、むくみも残さないようにマッサージを心がけています。

心なしかふくらはぎは細くなったかなと思えますが、太ももは相変わらずでまだ研究の日々です。

体重を10kg近く落としてもコンプレックスは改善されず、ネットで見かけた脚パカやスクワットをコツコツと続けて、毎晩メディキュットを履くようにしてから足が軽くなったかなと感じるようになり当分はこれを継続しようと考えています。